MENU

image

住まい選びの際に「収納」を
重視する傾向が年々増加。

最新の「『住宅購入・
建築検討者』調査」によると

  • 新居で解決したかった元の住まいの課題、1位は「住宅費がもったいない」、2位「収納が狭い」が挙がっている。
  • 2019年調査と比較すると「収納が狭い」、「住戸の設備がよくない」などが増加している。

時代のニーズに対応するべく、
収納を重視したプランニングを実現。
単に収納量を増やすという
発想ではなく、使い勝手にも配慮。

シューズインクロゼット

シューズ類をまとめて収納できる玄関収納。可動棚付でブーツ類もすっきりと収められます。(一部タイプのみ)

シューズボックス

ベビーカーやキャディバッグ、DIY用品や釣り竿なども収納できる大型玄関収納スペースです。(一部タイプのみ)

廊下収納・リビング収納

廊下やリビングに収納スペースを設計。収納と同時に掃除機等の充電ができるよう、コンセントを設置しています。

リネン庫

タオルやシャンプー等のストックの保管に便利な収納スペース。洗面室をすっきりと整理できます。

クロゼット

約90cmの深い奥行きを確保したクロゼット。衣類等を整理しやすいよう、ハンガーパイプを2本設置しています。(一部タイプのみ)

洋押入(中段・ハンガーパイプ)

ハンガーパイプを2本設置した洋押入。洋服類だけでなく、ゲスト用の寝具等もすっきりと収められます。(一部タイプのみ)

ウォークインクロゼット

季節ごとの衣類やバッグ類などのかさばる荷物もすっきり収納できる大容量のウォークインクロゼットです。(一部タイプのみ)

トランクルーム

全ての住戸にトランクルームを標準装備。キャディバッグやアウトドアグッズなど大きな荷物もすっきりと収納できます。

PAGE TOP